もりもりの食ログ

食の情報をお教えします

大根の栄養成分とメリット・デメリットをお教えしますね。

 

f:id:naosikiko:20201025000317j:plain

もりもりです。

大根は、「おでん・サラダ・ぶり大根・切り干し大根」など、おいしくて、いろんな料理に使える野菜です。

大根の効能も多く、「消化不良、二日酔い」には抜群です。

大根おろしは、塗ると歯痛、口内炎にも効果があります。

食べてよし、塗ってよしの万能野菜のひとつではないでしょうか。

・大根の由来

・大根の栄養成分

・大根のメリット・デメリット

についてお教えしますね。

      スポンサーリンク

 

大根の栄養成分

出典元:(食べ物のメリット・デメリットがまるごとわかる本、著者:川嶋昭司)

(100グラム中) 【大根葉】 【大根根】
カロリー(㎉) 25 18
タンパク質(g) 2.2 0.5
脂質(g) 0.1 0.1
炭水化物(g) 5.3 4.1
カルシウム(mg) 260 24
リン(mg) 52 18
鉄(mg) 3.1 0.2
ビタミンA(mcg) 330 0
ビタミンB1(mg) 0.09 0.02
ビタミンB2(mg) 0.16 0.01
ビタミンB6(mg) 0.18 0.04
ビタミンC(mg) 53 12
食物繊維(g) 4 1.4

 

大根の由来

大根は、「春の七種」のひとつで、アブラナ科の一、二年草で、古くは「おほね」とも「すずしろ」ともいわれていました。

大根の原産地には諸説ありますが、中央アジアとも、ヨーロッパともいわれています。

エジプトではピラミッドにも出てくるそうで、4700年前から利用され、古代ギリシャ・ローマでも既に食用の主要野菜であったそうです。

日本へは、唐を経て入り『日本書紀』にも記載があります。

 

全国各地で改良が行われていて、一口に大根といっても、重さ10~15キロの巨大な桜島大根から、二十日大根のように2~10グラムという小さくてかわいいものまであります。

また、形も種々で、円いものから長いものもあり、守口大根の最長150センチから数センチのものまであります。 

だいこんのメリット

1⃣場所によって辛味と甘味があり、独特の風味を持つ

大根の根は、おろし・煮物・漬け物・乾物などと、いろんな料理に使えます。

辛味・甘味と独特の風味を持ち、舌触りも加わって食欲をそそります。

 

2⃣消化不良の解消に効果がある

大根には、根・葉ともにいろいろな酵素が含まれており、おろしや葉の青汁(ジュース)は消化不良の解消に効果があります。

唾液や膵臓に含まれているアミラーゼ(デンプン分解酵素、つまりジアスターゼで、唾液ではプチアリン・膵液ではアミロプシンという)と同じものです。

 

3⃣胸やけ・二日酔い・食中毒・口内炎・歯痛・歯周病・熱性疾患に効果がある

「胸やけ・二日酔い・食中毒・口内炎・歯痛・歯肉炎(歯周病)・熱性疾患」にも効果があります。

口内炎や歯肉炎のときは、大根おろしを塗ってもいいです。

 

4⃣つわり・喘息の去痰・はしかの発疹・やけどなどによい

 

5⃣咳・嗄声させい(しわがれ声)・のどの痛みに効く

おろしに蜂蜜を加えて飲めば、「咳・嗄声(させい)*1・のどの痛み」に効くと昔から伝えられています。

風邪や凍傷にかかりやすい人は、大根をふろふきにしてネギ味噌を添えて食べるとよい。

 

6⃣便秘解消

大根おろしには食物繊維が多く、ジアスターゼとの相乗効果により、他の野菜以上に便秘解消によい。

大根に豊富に含まれるビタミンCも加担してくれます。

便秘は万病の元。最近は大腸や直腸ガンの誘因になることが分かってきました。

その他、大根にはリグニンという制ガン性を持つ食物繊維もある。

大根おろしや千切りにするとリグニンが増えます。

 

7⃣ガン予防効果

大根おろしや青汁には、焼き魚の焦げ部分に存在する発ガン物質(トリプーP1)を中和させる力もある。

現在、これもジアスターゼの作用であると考えられています。
もちろん煮たり炊いたりすると酵素の作用はなくなるので、生のまま用いることです。

しかも、上記の効果を期待したいときは、空気に触れさせれば触れさせるほどリグニンは増えるので、おろしたり青汁にしたりするとよいです。

その他、大根には、イソチオシアネート・インドール・硫化物質(メチルメルカプタン)やセレンという分子や元素が含まれており、ガン予防効果が期待されています。

 

8⃣大根の葉にはβカロテンが多い

大根の葉には、根にないメリットが多数あります。

βカロテンが多いというのもそのひとつ。
また、ミネラル、特に鉄分が多い。

緑黄色野菜といえば、ニンジンや、ホウレンソウに目を向ける人が多いが、大根葉にも注目してほしい。

 

9⃣ミネラルやビタミン類を補給するための優秀な保存食品

切り干し大根は貯蔵がきき、ほとんどの栄養素は大幅に増加する。

糖質は17倍に、鉄分は約50倍に増加し、甘さも増します。

このようなことから分かるように切り干し大根は、ミネラルやビタミン類を補給するための優秀な保存食品です。

 

🔟『食医しょくい心しん鏡きょう』『衛生易簡方えいせいいかんほう』などには次のような記述がある。 【消渇して口燥く者】・・・大根の絞り汁一合を飲むとよい(食医心鏡) 【鼻血の止まらない者】・・・大根の絞り汁コップ半杯に酒を少々入れて温め服用す。鼻の中に注ぎ込んでもよい(衛生易簡方) 【嗄声】・・・大根の絞り汁にショウガの絞り汁を入れて服用する(普済方ふさいほう) 

 

だいこんのデメリット

1⃣大根おろしにすると、ビタミンCは二時間で、20~90%が酸化し効力を失います。
特に鉄や銅などの金属により酸化が勧められる。
したがって、金属製のおろし金を使用してはいけません。

にんじんにはビタミンC酸化酵素(アスコルビナーゼ)が多いために、大根とにんじんの混合おろしを作ってはいけません。

この酵素は産生にすると活性を失うので、酢の料理にするといいです。

 

2⃣大根には辛味がある
これはイソチオシアネートという成分で、尻尾へいくほど含有量が増え、おろし金の目が細かいほど、強くするほど辛くなります。
これは細胞が壊れ、その成分が余計に出るからです。

まとめ

大根は食べる場所によって味も変わり、それぞれに旨みがあります。

しかも、大根の葉は根にないメリットが多数あります。

記事内のメリットを読んでくださいね。

今日も読んでくれてありがとうございました。

     スポンサーリンク

 

*1:声がかれた状態のこと