もりもりの食ログ

食の情報をお教えします

にんじんの栄養成分とメリット・デメリット!一杯のジュースで勃起障害も解消!

 

f:id:naosikiko:20201019214919j:plain

もりもりです。

子どものころ、にんじんはすごく栄養があるから残さずにちゃんと食べなさいって、親に言われたことないですか。

 

でも、ほとんどの子どもは嫌いでしょうね。

大人でも嫌いで食べない人が多いですからね。

 

男性必見、

1日1杯の「にんじんジュース」は勃起障害を解消してくれるのです。

 

「人参」という漢字は、人体に似ているところからきているのです。

 

でも今の人参は、枝分かれしていないのが多いので、人体を想像することは出来ませんよね。

 

昔は二叉、三叉、または、それ以上に枝分かれしている「にんじん」が多かったですけどね。

 

食用のにんじんは、セリ科の植物で、ヒマラヤやヒンズークシの山嶺が第一の原産地と見られています。

 

第二の原産地はヨーロッパ。

 

日本へは16世紀、室町時代に渡来したのです。

 

今日は

・にんじんの栄養素

・にんじんのメリット・デメリット 

についてお話ししますね。

      スポンサーリンク

 

にんじんの栄養素

(出典元:食べ物のメリット・デメリットがまるごとわかる本

(100グラム中)
カロリー(㎉) 37
タンパク質(g) 0.6
脂質(g) 0.1
炭水化物(g) 9.1
カルシウム(mg) 28
リン(mg) 25
鉄(mg) 0.2
ビタミンA(mcg) 760
ビタミンB1(mg) 0.05
ビタミンB2(mg) 0.04
ビタミンB6(mg) 0.11
ビタミンC(mg) 4
食物繊維(g) 2.7

 

にんじんのメリット

1⃣肺ガンを抑制する

βカロテンが非常に多くて、100グラム中9.1ミリグラムもあります。
β-カロテンには、肺ガンを抑制する作用があります(1986年、ジョンズ・ホプキンス大学)。

にんじんにはβ-カロテンのほかにクロロフィル(葉緑素)やステロール・テルペンというガン予防物質が含まれています。

 

2⃣仮性近視・老視(老眼)・白内障の予防

β-カロテンは小腸でビタミンAになります。
ビタミンAは、網膜における光の受容に必要で、不足すると夜盲症(鳥目)になります。
さらに、ビタミンAは、仮性近視・老視(老眼)・白内障の予防に有効です。

 

3⃣勃起障害が解消される

三寸にんじん(ミニキャロット)をジュースにして、毎日コップ一杯飲むと、勃起障害が解消されます。

普通のにんじんでもよい。

 

4⃣風邪の予防

にんじんの絞り汁は、風邪の予防や百日咳にすぐれた効き目があります。
一日に盃一杯ずつ、3~4回飲むとよい。

肌荒れも予防される。

 

5⃣生活習慣病(高血圧症・糖尿病など)の予防

にんじんには、ミネラル(カルシウム・カリウム・ヨウ素・イオウなど)も多い。

また、にんじんのペクチンは、胃の調子もよくする。
食物繊維も多いので、生活習慣病(高血圧症・糖尿病など)の予防によい。

 

6⃣胃腸の機能を高める

にんじんには、体を温め胃腸の機能を高める作用があります。

肉類を多食する人の下痢をも治す。『本朝食鑑』には「気を下し、腹中を補い、胸膈きょうかく・胃腸を利し、五臓を案じ、人の食を健にする」と記されています。

 

7⃣にんじんには鎮静作用がある
(アメリカのゲイロード・ハウザーによる)

 

8⃣冷え性や低血圧・貧血によい

ヨーロッパでは赤ん坊の離乳食は、にんじんジュースから始める。

日本においても、にんじんを離乳食 で食べさせるのは多いですね。

 

にんじんのデメリット

1⃣にんじんには、ほかの野菜と違い、ビタミンC(L-アスコルビン酸)が少ない。

しかも、ビタミンCを分解するアスコルビン酸酸化酵素(アスコルビナーゼ)が多い。酵素の働きというのは(pH)によってその活性(活力)が変化します。

アスコルビナーゼは、酸に会うと力が弱くなります。
”もみじおろし”には酢を用いるが、これはこの原理を応用したものです。

 

2⃣毎日食べてよいが、超過食すると柑皮症となり、さらには肝硬変になるといわれています。


また、肺ガンに関する疫学的(統計的)調査によると、肺ガンを予防するどころか、むしろβ-カロテン20ミリグラム入のカプセルを5~8年間、毎日投与したところ対象群よりも、かえって、18パーセント肺ガンの発生率が高くなったという報告があるそうです(米国率ガン研究所・フィンランド公衆衛生研究所の共同研究)。


食べ物から摂取する場合は、過剰の心配はほとんどないが、サプリメントは栄養素が凝縮されたものを簡単に摂取できるため、過剰の害が心配されます。

 

栄養補給はやはり食事からが安全です。

おすすめにんじんジュースを紹介しますね。

いくら栄養があっても、にんじんを毎日食べることだけは絶対に嫌ですよね。

にんじんが嫌いな人でもおいしく飲めるにんじんジュースです。

 


 

 

まとめ

にんじんには栄養がるのはわかっているけど、どうしても好きになれないって人も多いのでないでしょうか。

料理しだいではありますけどね。

たとえば、カレーライスにするとふつうに食べれるんじゃないでしょうか。

今日も読んでくれてありがとうございました。

naosikiko.hatenablog.com

 

     スポンサーリンク